2017/12/05

2017/12/21 - 12/26 平成28年度 東京綜合写真専門学校 後藤元洋クラス展 "CASK"



会期

2017年12月21日~12月26日
22日17:00~レセプションパーティ



団体名・作家名称

後藤 元洋
加藤 颯馬

黄  煌智
葉  駿融
王   嘉偉 


展示名称

東京綜合写真専門学校 後藤元洋クラス展 "CASK"


展示概略

東京綜合写真専門学校のクラス実習という授業の、写真家、後藤元洋クラスの集大成です


展示詳細

タイトルの「CASK」というのは、ウイスキーを熟成させる樽を表す言葉です。淡々とした姿勢で写真と向き合う生活を送る写真学生が、自分という樽の中で熟成させているものは何なのでしょうか。これから様々な人生を歩んでいく学生たちの写真に向き合う姿勢や解釈等自身の原点やきっかけを知る答えが写真の中には隠されているのではないのでしょうか。写真家の後藤元洋の元で1年間自身の写真作品制作を学んだ「クラス実習」という授業の集大成がこの展示の中に詰まっています。写真学生が身につけた、生きて行く力を写真から感じ取ってもらいたいです。


会場

Gallery NIW
〒112-0014 東京都文京区関口1-44-8
東京メトロ有楽町線 江戸川橋駅 1b出口より徒歩3分
(中央・総武線からの乗り換えは市ヶ谷駅を推奨)
東京メトロ東西線 神楽坂駅 2出口(矢来口)より徒歩11分
都電荒川線 早稲田駅より徒歩12分



入場料

入場無料


作家プロフィール

後藤元洋   (ゴトウ ゲンヨウ)  写真家 東京綜合写真専門学校講師
加藤 颯馬 (カトウ ソウマ)   東京綜合写真専門学校在学中
黄  煌智 (コウ コウチ)    東京綜合写真専門学校在学中
葉  駿融 (ヨウ ジュンロン)  東京綜合写真専門学校在学中
王  嘉偉 (オウ カイ)     東京綜合写真専門学校在学中


イベント公式/関連サイト

http://www.tcp.ac.jp/ 学校公式HP

2017/12/9 - 12/10 東京写真サークル元年会 "Re:Start"



会期

12月9日(土): 12:00~20:00

12月10日(日):10:00~18:00



団体名・作家名称

東京写真サークル元年会


展示名称

"Re:Start"


展示概略

グループ写真展


展示詳細

平成。新しい時代の始まり。”START”

平成元年に生まれた私たちは

雑多な日々の中で写真と向き合ってきた。

そこで生まれた写真は十人十色。

日常、距離感、時間、視点、瞬間、感情、独自性。

価値観が多様帰る時代の中で見つけた”写真”という共通点。

再び写真を見つめ直すと、新たな「何か」が生まれる。

Re:START



会場

Gallery NIW
〒112-0014 東京都文京区関口1-44-8
東京メトロ有楽町線 江戸川橋駅 1b出口より徒歩3分
(中央・総武線からの乗り換えは市ヶ谷駅を推奨)
東京メトロ東西線 神楽坂駅 2出口(矢来口)より徒歩11分
都電荒川線 早稲田駅より徒歩12分



入場料

入場無料

2017/12/14 - 12/19 ゆは MATOME展






会期


2017/12/14(木)-19(火)
11:00-20:00
(初日のみ14:00から、最終日のみ17:00まで)



団体名・作家名称

ゆは


展示名称

MATOME展


展示概略

版画、陶芸、絵画、イラストなどの作品展示。


展示詳細

ここ2年間の制作活動のまとめの個展です。
缶バッチやポストカードなどの販売も行う予定です。



会場

Gallery NIW
〒112-0014 東京都文京区関口1-44-8
東京メトロ有楽町線 江戸川橋駅 1b出口より徒歩3分
(中央・総武線からの乗り換えは市ヶ谷駅を推奨)
東京メトロ東西線 神楽坂駅 2出口(矢来口)より徒歩11分
都電荒川線 早稲田駅より徒歩12分



入場料

入場無料

2017/11/22

2017/11/23 - 12/3 夏弥ファミリー写真展2017 夏弥の季節




会期

2017.11.23(木・祝)~12.3(日)

※前半:2017.11.23(木・祝)~11.28(火)
※後半:2017.11.29(水)~12.3(日)

平日,13:00~20:00
土日,10:00~20:00
(初日23日12:00から、最終日3日17:00まで)

11.23(木・祝)18時からレセプションパーティを開催します。



団体名・作家名称

夏弥ファミリー


展示名称

夏弥ファミリー写真展2017

夏弥の季節



展示概略

モデル「夏弥」が作ったフォトサークル「夏弥ファミリー」のグループ写真展で、

15人が撮影した一人のモデル「夏弥」のポートレート展。



展示詳細

2011年から毎年開催して今年で6回目となる夏弥ファミリー展。

参加フォトグラファーも徐々に増えて今年は15人で開催します。

今回は『夏弥の季節』と題し中日で展示を入替え、

前半をA面、後半をB面としてレコード盤をなぞってみました。

様々な『夏弥の季節』のポートレート作品を展示します。



会場

Gallery NIW
〒112-0014 東京都文京区関口1-44-8
東京メトロ有楽町線 江戸川橋駅 1b出口より徒歩3分
(中央・総武線からの乗り換えは市ヶ谷駅を推奨)
東京メトロ東西線 神楽坂駅 2出口(矢来口)より徒歩11分
都電荒川線 早稲田駅より徒歩12分



入場料

入場無料


作家プロフィール

「夏弥ファミリー」プロフィール

モデル夏弥が設立した ゆる~いフォトサークル…的なもの。

ポートレート作品を創作するにあたり、カメラマンとの心の距離を

縮めたい、という想いから夏弥が自ら設立しました。

家族のように温かく心地よい雰囲気を大切にしたいので

“夏弥ファミリー”と名付けました。

オフ会(食事会・キャンプ他いろいろ)や写真展への参加などの

活動を通して心地良い距離感をつくり、各々が楽しんで創作活動

をしています。



イベント公式/関連サイト

☆夏弥ブログ http://ameblo.jp/beautiful-summer12/

☆Twitter http://twitter.com/natsumi_family

☆Facebook https://www.facebook.com/events/356427224808696/?ti=icl

2017/11/06

2017/11/16 - 11/21 郷 裕隆と夢を追い掛ける創造の旅人たち 展



会期

2017年11月16日(木)~21日(火)
11:00~18:00(初日は13:00開始 最終日は17:00まで)


団体名・作家名称

郷 裕隆     服飾クリエーター
関田 遥     服飾雑貨デザイナー
田中 麻衣    ファンシー雑貨デザイナー
横大路 幸子    アーティスト
横大路 ゆう子   フォトグラファー



展示名称

郷 裕隆と夢を追い掛ける創造の旅人たち 展


展示概略

絵画・写真・雑貨・衣服・アクセサリー

服飾雑貨展示販売



会場

Gallery NIW
〒112-0014 東京都文京区関口1-44-8
東京メトロ有楽町線 江戸川橋駅 1b出口より徒歩3分
(中央・総武線からの乗り換えは市ヶ谷駅を推奨)
東京メトロ東西線 神楽坂駅 2出口(矢来口)より徒歩11分
都電荒川線 早稲田駅より徒歩12分



入場料

入場無料

2017/10/21

2017/11/3 - 11/5 Duo Exhibition 「Ayako & Tommy」



会期

11/3 14:00-17:00
11/4.5 12:00-16:30

11/3 14:00からオープニングパーティ



団体名・作家名称

Ayako Hirayama

Masaya Tomita



展示名称

Duo Exhibition 「Ayako & Tommy」


展示概略

アクリルと水彩による絵画


展示詳細

年齢から性格まで全く正反対の2人が、これまた画材も別、内容も正反対の絵画を描き展示いたします。
まったく接点がなさそうなのに、どこか繋がっている。その奇妙さを体感して頂けると幸いです。



会場

Gallery NIW
〒112-0014 東京都文京区関口1-44-8
東京メトロ有楽町線 江戸川橋駅 1b出口より徒歩3分
(中央・総武線からの乗り換えは市ヶ谷駅を推奨)
東京メトロ東西線 神楽坂駅 2出口(矢来口)より徒歩11分
都電荒川線 早稲田駅より徒歩12分



入場料

入場無料


作家プロフィール

AyakoとTommy、2人の出会いは2010年西新宿。

共通点は全くないのに、出会って6年目の2016年グループ展をやることに。
そして、今年2人展へと発展。
一体なにが繋がっているのか、お互いの絵で探る企画展示です。



イベント公式/関連サイト

http://sunnykissme991.wixsite.com/achiki
sunnykissme99@gmail.com

2017/10/05

2017/11/10 - 11/14 今子青佳 冨岡夏海「体温超える目の動き振り絞るような痛み空間は空く」




会期

2017年11月10日(金)-2017年11月14日(火)
11:00~20:00 
最終日11:00~19:00



団体名・作家名称

今子青佳(書家) (いまこはるか)
冨岡夏海(映像作家・写真家) (とみおかなつみ)



展示名称

体温超える目の動き振り絞るような痛み空間は空く


展示概略

書と映像・写真による水をテーマにしたモノクロの世界を中心とした作品展示


展示詳細

生物が生きていく為に不可欠な水は、生命を脅かす存在でもある。
その水の多面性をいままで見たことのない世界として色を削ぎ落としたモノクロの視点及び逆の視点から表現する。



会場

Gallery NIW
〒112-0014 東京都文京区関口1-44-8
東京メトロ有楽町線 江戸川橋駅 1b出口より徒歩3分
(中央・総武線からの乗り換えは市ヶ谷駅を推奨)
東京メトロ東西線 神楽坂駅 2出口(矢来口)より徒歩11分
都電荒川線 早稲田駅より徒歩12分



入場料

入場無料


作家プロフィール

今子青佳

姉の影響から書道を始め、毎日書道展U23部門奨励賞受賞、財団法人日本習字教育財団、6段位取得。gift_labにて個展開催。他者の言葉を表現する。


冨岡夏海

大学卒業後、デザイン事務所勤務。阿佐ヶ谷美術専門学校映像メディア科在学。今まで見たことのない世界を映像・写真を通して再構築する。



イベント公式/関連サイト

今子青佳 http://blog.livedoor.jp/imako_sho/ 
imako.sho@gmail.com
冨岡夏海 http://natsumitom.wixsite.com/mysite
natsumitomioka@gmail.com